初詣に行くフリをする

初詣に行く習慣はあまりないです。

行く気になったら近所の神社に行きます。本当に家の周りには何でもあるな。

が!

我が手にはG−3のハンドルが。

先代のスクーターよりも速度が出ないことが判明して、

「マグネットコーティングが標準装備じゃないのか?」

みたいな、バカな脳内独り言を呟いていますが安定性は先代の比では無い。

ちょっと遠出しても良いのではないか?

ついでに旨い(と思われる)店とかにも行って。

考えただけでワクワクする。

で、ワクワクするだけで修めておく。

実行すると、前の残念ラーメン屋みたいな事になりかねないからなぁ。

Googleマップを眺めるぐらいまで逸っても良いかも。

サンマガ

メジャー2

あれ? さほど強キャラになってないな主人公。

こういう泥臭い感じで行くのかな?

しかし、泥臭さの極北「キャプテン」とか「プレイボール」とかに打ち勝てるのか?

まぁ、今の読者あまり読んでないだろうけど。

防衛大漫画

土方を落としにかかる近藤。

多分、ここ一番の山場。

……にさしかかっていると思う。

ここから、維新志士の名字持ちと対決していくのか?

一歩

読み続けなくちゃならんのでしょうかね?

もう、ボクシングしないのかも。

ここに来ての路線変更。

……それだったら読むな。

ダイヤのA

もう何度確認したのかわかりませんけど、梶ではなく成宮。

この白頭の名前が何故か入ってこなくて。

こっちの試合を集中して描写してくれているのは助かるな。

ザッピング方式はやはり見直されたか。

アニメ〜

オーバーロード?

不安と絶望のリザードマン編が始まるのかと思ったけど、復習と予習だった。

まぁ、仕方ないな。

でも、そんなことをしていてOPで描かれている将来の展開にたどり着くのだろうか?

2クールなのかな?

リザードマン編、結構好きだけど、捌き方が難しそうだなぁ。

サンリオ男子

安定の狂気。

狂気クオリティを管理している部門があるのかな?

ただ、狂気を鑑賞するというのはどうかなぁ?

プリパラも結局狂気が過ぎて見なくなったし。

宇宙よりも遠い場所

1話ほどの酷いことは起こらなかった。

主人公たちがやろうとしていることは面白そうなだけに、この監督とシリーズ構成であることにただただ不安しか出来ない現状がもどかしい。

宮崎駿みたいに企画乗っ取ってくれないものか。

酷いことを言うなぁ? って。

ラブライブ!サンシャインで、目から毒物注がれたのに比べれば全然だろう。

中華収容所

いきなり、崩壊エンド。

前回何がどうなっているのかと思ったら、この収容所のデータを収めたスマホを持って、下水道から脱出し、マスコミを集める、という計画だったらしい。

もうツッコミどころたくさんすぎて、付き合ってられませんけど。

で、どうも収容所の中と外とでは時間の流れ方が違うらしい。

そうでもしないと説明出来ないんだよ!

なかなかお目にかかれない失敗作だった。

桜花忍法帖

言ってたら、配信が来たので観る。

本編はOP程のもっさり感はないな。

無いけど、演出というか、この順番に出てくる感じなんとかならんか。

改めて知る先代の構成の巧みさよ。

というか、この作品の先代のような構成の巧みな作品知っておいて、宇宙よりも遠い場所の一話のようなおかしなことやらかしてそれを看過しろというのは、どう考えても乱暴

仕事している作品を貶めないためにも、悪い作品はジオンのように徹底的に叩く。

というわけで、当代のこれはいまいちでした。

あと、忍者マン一平拾うのは辞めた方が良くないか?

以上。