水晶涙

割れた水晶な瞳

流す涙の結晶

哀しみの言葉に

細水晶の破片

脳裏に巡る記憶と

言葉の傷み混じり

孤独が支配する程

締め付けられた孤

儚く薄れ逝く

面影は揺れて

刹那に残した

想いは彼方に

「独りにしないで…」

貴女を強く想う

どうか…

消えないでと…

広告を非表示にする