紀伊小旅2。

土曜日の白浜小旅、和歌山から紀伊田辺行きの普通列車に乗り、そこで乗り換えて白浜へ、と思っていたのですが、うっかりしていて、白浜を乗り越してしまいました…。

気付いたのが白浜の次の駅を発車した時。

さてどうするか…。

とりあえず次で降りて、反対側の列車を待つか、列車の本数が少ないので待ち時間の少ない駅まで乗るか…。

短い時間での判断が強いられましたが、どうやら次の次の駅で両方向の列車が同じ時刻に発車との模様。これはリスキーかなと思い、待ち時間が少し出来るけれど次の駅で下車しようという決断に至りました。

降りたのは「椿」という無人駅。

どうやら駅から少し離れたところに海辺の温泉宿もいくつかある場所のようでした。

そこまで歩く時間は無かったのですが、駅の雰囲気が良かったので、結構待ち時間は退屈せずに過ごせました。

秘境駅、とまではいかなくても、かなり大自然に囲まれている感がありましたし、寂れているとも言っていい駅の状況とは不釣合いな長いホームが、どこか昔の賑わい感を残しているようでもありました。

調べてみると、以前は特急列車も停まっていた駅だったようですね。

予期せぬ訪問となりましたが、これもいい息抜きになったような気がします。

広告を非表示にする