森喜朗元首相マスコミの印象操作は相変わらずひどいな加計学園の真相を一番知っているのは

昨日の産経新聞に、加計学園問題に関して、森喜朗元首相のインタビュー記事が掲載されました。

単刀直言

森喜朗元首相僕のときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな内閣改造は嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ加計学園の真相を一番知っているのは

安倍晋三首相への逆風が厳しいね。僕が首相だったときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな。最初から結論を決めて安倍が悪い、安倍が悪いと連日やられたら、そりゃ支持率も下がるよ。こういうときこそ、みんなが歯をくいしばってスクラムを組んで安倍首相を支えなきゃいけない。どんなにつらくてもね。

8月3日の内閣改造自民党役員人事でいかに態勢を立て直すか。10年前と同じく、またもやお友達うんぬんと批判されているから、これを払拭しなきゃならない。安倍首相もここが正念場だよ。

私から一つアドバイスするとね、嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ。そうすれば、縁遠い人の周辺にいる、もっと縁遠い人たちも仲間として取り込めるじゃないか。

私が首相になったときは、小渕恵三内閣の中に単身飛び込んだ。小渕さんが急病で退任されてお国の危機だと思ったからね。投手交代を急に告げられて、肩もならしてないのにマウンドに上がり、この後は俺が投げるんだから内野手も外野手も全部代われと言ったら野球はできないでしょ?

官房長官だった青木幹雄さんから机の中もすっかり片付けたので後はお任せしますと電話がかかってきたんだけどちょっと待ってください。残ってくださいとお願いしてね。官房副長官額賀福志郎さんも閣僚も全員残ってもらった。蔵相は元首相の宮沢喜一さんだよ。次の内閣改造では元首相の橋本龍太郎さんにも行革担当相として入閣してもらったんだ。

安倍首相も思い切って有為な人材を登用して実力派内閣を作ったらいいと思う。そしてアベノミクスと外交を着実に進めていけば、内閣支持率もジワジワと回復していくはずだよ。後は安倍首相がカッとなって相手の挑発に乗らないことだな。

石破茂さんは、こういう政局になると後ろから弓を引くような発言ばかりして愚かだなと思うけど(1)、安倍首相はこれを逆手に取って大変な状況なのでぜひ入閣してほしいと国民に見えるように頭を下げたらいいんだよ。それでも受けないと言うならば大っぴらに批判すればいい。あの人は国のことより自分のことが優先なんですねとね。

ただ、自民党も人材が枯渇してるな。こういうときにしっかり踏ん張れる実力派が本当に少ない。玉石混交どころか石石混交だよ。甘利明さんもまだ禊が終わっていないしな。中堅若手も育っていない。中選挙区制から小選挙区比例代表並立制になって20年余りたつけど当時危惧されたことが現実になったと思うね。

日本獣医師会と結託

加計学園獣医学部新設をめぐる風当たりは相変わらず強いな。あの真相を一番知っているのは愛媛県の加戸守行前知事だ。僕は文教族だったから彼が文部官僚だったころからよく知っているんだよ。彼は国会でもいろいろと重要な証言をしてるんだけど、産経新聞を除いてマスコミはほとんど報じないね。どうしてかな?(2)

昭和40年代後半に獣医学部を4年制から6年制に変えることになったんだが、あわせて国立大学の獣医学部を地域ブロックごとに1つにまとめる構想が持ち上がったんだ。

これに元総務庁長官の江藤隆美さんたちが不届き者め!と猛反発してね。日本獣医師会と結託して威嚇と恫喝を繰り返し、文部省に二度と私立大学の獣医学部を作らせないことをのませたんだな。

そうでなかったら半世紀も獣医学部が新設されず、定員も増やさないなんてことがあるわけないだろ。これを知っている国会議員はもうほとんどいない。文科省の文書記録にも残っていないだろうけど、これが真相だよ。

日露関係前進させた

内閣改造が終わったら外交も大事だ。世界中が混迷しているからね。安倍首相はよくやっている。日米も、日欧も、日印も、日中も、いろいろと懸案はあってもきっちり前に進めている。トランプ米大統領も秋に来日するようだし、党内が政局でガタガタしているわけにはいかない。

日露関係をここまで前進させたのも安倍首相だ。私も7月9日に訪露し、プーチン大統領と会ったよ。誕生日祝いをしてくれて約2時間たっぷりと話をした。会談後は自ら私のホテルまで送ってくれた。外交上そんなことはまずないから周りはびっくりしていたよ。

プーチン大統領はそういう義理堅い人なんだ。昔の日本人の感性かな。だから北方領土問題を前に進めて平和条約を締結できるのは今しかない。

米国との関係がロシアにとって大事だ。その米国ともっとも絆が強いのはあなたの友人であるシンゾーアベだ。アベが辞めると日本も困るし、あなたも困るだろ?

こう言うとプーチン大統領はうなずいてシンゾーと何とか問題を解決したいと言っていたよ。

憲法改正へ政権固め

憲法改正は安倍首相が唐突に言い出したわけじゃない。自民党結党以来の党是なんだ。反対ならば党をやめるしかないし、やらないなら党員の資格もない。

小泉純一郎さんが首相だった平成17年に自民党で新憲法草案をまとめたでしょ。起草委員会委員長は私で事務局長が前東京都知事舛添要一さん。前文の原案を大幅に削ったりしたから中曽根康弘さんがカンカンに怒っちゃったけどね。でも党大会で採択した上で、国民の大多数の賛同を得て憲法改正できる現実的な案を作ろうとしたんだ。

船田元さんや保岡興治さんは新憲法草案を批判してたんじゃなかったかな。谷垣禎一さんが総裁だった24年にも憲法改正草案をまとめたけど、当時は野党だったこともあり、国防軍保持を盛り込むなど保守色が濃い内容だった。

では、安倍首相が打ち出した憲法改正の方針はどうかな。憲法9条1項、2項を残したまま自衛隊を明記する。私がまとめた新憲法草案よりさらにマイルドでしょ。現実に改正しようと考えるとそうなるんだよ。

それなのに石破さんたちは安倍首相が何か唐突に改憲方針を示したかのように文句を言っている。あなたたちは新憲法草案を議論したときに参加してたんですかと聞きたいね。まあ憲法改正するにも、まず政権基盤をしっかり固めてからの話だけどね。石橋文登、田北真樹子

自民党石破茂衆議院議員が安倍政権の閣外に出たとたんに豹変して、安倍政権を批判ばかりしている

(1)石破茂さんは、こういう政局になると後ろから弓を引くような発言ばかりして愚かだなと思うけどに関しては、森元首相の言う通りです。

もう半年余り前の森友問題の頃より、今回の加計学園問題まで、たびたびテレビの報道番組のインタビューなどを受け、一見正論に聞こえる、もっともらしいことを述べていました。ブログ主もなるほどとそのたびに相づちを打ってしまっていました。

石破氏は、先月の時事放談(TBS、日曜早朝6:00-6:45でも、の加計学園問題をめぐって獣医学部新設の4条件というものが閣議決定されており、安倍首相のお友達であろうが、なかろうが、4条件を満たしていれば認めなければいけないし、満たしていなければ認めてはいけないなどと発言していました。ですが、当ブログでも繰り返し取り上げて来ていますが、実はこの4条件は獣医学部設置の規制緩和を認めるための条件などではなく、既得権益団体の日本獣医師会顧問の北村直人衆議院議員が石破前地方創生大臣と結託して、獣医学部設置の新規参入を阻むための条件として産み出したことが明らかになっています。

私自身の不明を恥じ入るのみですが、石破氏がそのように発言する理由背景は、そのテレビ番組だけを見ていては決して分からないことであり、やはり世の中に散在する情報を自分で確認してにいって初めてわかることもあるんだと今回はひしひしと実感しています。

閉会中審査で証言した加戸前愛媛県知事が真相を一番良く知っているが、その発言がマスコミでほとんど取り上げていない

(2)について。閉会中審査で証言した加戸前愛媛県知事の発言が、産経新聞など一部の保守系新聞を除き、ほとんどすべてのメディアで取り上げられていません。

この偏向報道の不公平さについては、産経新聞を始め、ネットでは非難囂ひなんごうごうです。

前川喜平前文科事務次官

ブログ主はこの加戸氏の発言を聞いて、少しこの異常な事態の根本が見えたような気がしています。

文科事務次官まで務めたトップレベルで賢い1人の人間、

また言葉は良くないかもしれませんが、異常にプライドの高い人間、

さらに省ぐるみ天下りの責任を取らされ現役官僚としては自分1人が責任を取らされ退任させられた人間、