2017-7/17 (おひつじ座・下弦の月) 〜のエネルギーなどの状態

ルミナ Moon Letter

+-+-+-+- 目次 +-+-+-+-+

●おひつじ座下弦の月からしし座新月

〜スタート前の浄化期間と新しい流れへ〜

(以下はブログ https://goo.gl/zoRJB5 をご覧ください)

●ルミナ イベント・セミナー お知らせ

新月のカレー・満月のカレー送料無料!(7月20日まで)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今日7月17日4時26分頃、おひつじ座で下弦の月を迎えました。

14時2分には月はおうし座へ移動します。

今日は、印象的な宙模様となります。

ここまでの流れがぐ〜っと変わっていく切り替わりのポイントになるでしょう。

ここまで乗り換えてきた「乗り物」を車に例えるなら、

ここからしし座新月まではガソリンスタンドでガソリンいれて洗車して、最後の点検をするような時間です。

今日は星の配置から見ていきたいと思います。

今日の天空では、太陽と火星がコンジャンクション

月と天王星コンジャンクション木星冥王星グランドクロス(四角形)を夕べから形成しながら

その配置を昼には解いていきます。

今日のこの配置を一言で言うなら「情熱」「才能」の発揮へエネルギーが注がれます。

それは、ここまでに新しくなった「乗り物」へエネルギーが注ぎ込まれているようなイメージです。ガソリンスタンドに来ているようなものだとイメージしてください。

そして、月と天王星は、さらに水星、土星と、火のグランドトライン(正三角形)を形成します。

情熱の発揮がうながされますが、それはまるで押し出されるような感覚かもしれません。

この配置は26日頃まで続きわたしたちの前進をサポートしてくれます。

さらに金星と海王星土星はTスクエア(直角二等辺三角形)を形成

また、響きの中には再び過去生の浄化を促す配置も見られます。

これらはいずれも「神性の発揮」、「神秘の力」の発揮に関わる浄化をサポートします。

しし座新月を迎えるまで、あらためて自分がエネルギーを注ぎたいこと、

新しい乗り物でやりたいことを発見していくそんな時間になるでしょう。

そして、これらのエネルギーは現実的にさまざまな「協力関係」に新しいステージをもたらすでしょう。

執着や依存、支配の関係は浄化され、協力関係に新しい流れを起こします。

今年のしし座新月は2度続きます。

どのくらいの頻度で起こるのか調べてないのですが、新月や満月が同じ星座で2か月続くときがあります。

月が新月を迎える時、太陽と月は重なり合います。

月はわたしたちの「こころ(感情)」にダイレクトです。

そして、太陽はわたしたちの「たましい」に関わります。

ふたつが重なりあうとき、わたしたちのこころとたましいは揃います。感情によって見えなかった魂が見えるときでもあります。

2度同じ星座で新月が続くということは それぞれの持つその星座の領域が活性化することを意味します。

8月22日しし座で再び迎える新月は日食とも重なり、「目覚め」をサポートします。

今年は2月にもしし座満月で食がありました。

今年、全員しし座の領域に目覚めの光りが当たっているのですね。

しし座のエリアはわたしたちの自己実現や自尊心、誇り、喜び、表現、創造などを象徴する場所です。

わたしたちの人生の旅はおひつじ座から始まり、このしし座の季節に「わたし」という存在を確立します。

この「わたし」の確立なしに次のおとめ座(循環)、てんびん座(協力・調和)は完成しません。

つまり、個の確立がなければ循環のあるパートナーシップは生まれないということですね。

現在木星はパートナーシップのてんびん座にいます。

木星はわたしたちのYESの力(自己肯定)。個人と社会を結ぶ役割もしています。

協力関係を通じて、自己肯定を養っています。

それは、「NO」ということをYESすることかもしれない。もしくは「I Want」へのYES。

今年多いご相談は「わたしはこうしたい!」を言えなくて意味不明になっている傾向が見られます。

NOもWantも「わたし」が明確である必要があります。

わたしたちは「わたし」のスタンスが明確でないとき、NOやWantと言うことに遠慮が起こります。

こんなことを言ったら傷つけるのではないか。

こうしたいというのはよくないんじゃないか。

そのもう少し奥に発揮されていない「わたし」の神性、輝きがあるのです。

わたしたちは、自分の神性を発揮していないときすべてが不調和になります。

それを別の何かでバランスしようとするので本当はどうしたかったのか意味不明になります。

まあ、だいたい人のことが気になるときは最高の「わたし」が発揮で来ていない状態ですね。

「神性」「輝き」を発揮することは魂の使命とも直結するのですが

まずは、使命のことなども考えることをひとまず置いて

自分の純粋な「好き」を見つけてみてください。

7月、8月しし座新月まで自分の状況やこころが変わっても変わらない「好き」を見つけてみてください。

それは、こどもの頃好きだった遊びや興味学習、将来の夢などに現れてもいるので

自分がこども頃好きだったことを思い出してもいいと思います。

形が変わってもきっと今もあなたはそれが好きなはず。

そして、それを堂々と好きだと言うこと。

それが出来るか出来ないかは問題ではないんです。「好き」なことを「好き」だと表現することは太陽の道を開く力になります。

それって「ピュア」であること。この夏の「わたし」は純度100%になる。

<近々の星のうごき>

7月17日 下弦の月

7月18日 一粒万倍日

7月19日 夏の土用入り

7月20日 火星しし座へ GAP

7月21日 一粒万倍日

7月23日 しし座新月 太陽しし座へ