自民首相出席の予算委懸念世論、批判強めかねず

自民首相出席の予算委懸念世論、批判強めかねず

7/11(火)22:02配信毎日新聞

学校法人加計学園の問題を巡り、自民党が衆参の予算委員会開催に慎重なのは、安倍晋三首相が出席して質疑を受けても、野党の追及や世論の反発が収まる見通しが立たないためだ。党執行部は、10日の閉会中審査に続いて質疑は平行線をたどるとみており、首相が集中砲火を浴びる姿がテレビ放映され、世論の批判を強めかねない党関係者と懸念する。

本当にこんなこと考えているのだろうか???今の状況を招いた原因が全く分かっていませんね

首相答弁ってあれが答弁なら質疑なんてできないでしょう、質問以外のことを延としゃべって最後はミンシュトーこれが一国の首相の国会での公式発言なのですよ、なんか昔自民党の首相取り巻きが安倍さんの街頭演説は民主党攻撃が一番盛り上がるんですよとか言っていたがサクラの行動だったとはだれも知らなかったのかなあ

取り巻きも全く問題ない怪文書そんな指示はしていないから果ては忘れた資料は廃棄したまで全く誠意のかけらもない

身から出た錆、これ以外言いようがない