前川前事務次官相変わらず証拠は出せず!

逆にまさかあなたが文書を流出させた?の質問に!

お答えを差し控えたい!

学校法人加計学園獣医学部新設計画をめぐる真相解明に向けて、衆院文部科学

、内閣両委員会による閉会中審査が10日、衆院第1委員会室で行われた。

衆参予算員会閉会中審査の国会中継を見た人も多いだろうが。またも野党が要求し

安倍内閣を追い込むと花火は大きかったが、音は小さく湿っていたというのが本

当の話だろう。

野党が勢い込んでいたのは、前川前文科省事務次官の力強い言葉だけが頼りの集中

審議であった。この前川氏が、見たとか、聞いたとか言う割には文科省の担当個人名

は一切出ず皮肉は混ぜて喋っても、肝心なことは推測の域を出ず、唯一個人名が出た

のは内閣府和泉洋人補佐官だけであり、名指しされた和泉氏は欠席している。

加計学園の何が問題なのか。安倍首相の意思が入っていたるとか、文科省内にあるペ

ーパーが証拠であるとか、質問者は政府を攻め立てるが質問した政党や質問者は新し

い証拠らしきものすら出せない状態で質問している。

前川前事務次官は、自民党公明党の質問者に逆質問をされ、文科省を擁護するよ

うな言葉を出すなど、いまでも役人根性が抜けていない。

特に、質問者の自民党議員から、野党に渡った一連の文書の出どころは前川氏では

ないかと問われても、文科省当時の役人の答弁そのままの答えであったことは注目す

る。

参考人として出席した、文科省の前川喜平前事務次官は、表面化した一連の内部

文書に関し、自民党平井卓也議員に前川さんが流出させたのではないかと言われて

いる。まさかそんなことはないですねと問われた際、お答えを差し控えたいと述

べ、否定も肯定もしなかった。

審議が行われている委員会室内には、おおおと、どよめきが起きた。

平井議員はあなたのためを思って言っている。流出させてないとお答えでき

ないのかと再度、前川氏をただした。

これに対し、前川氏はさまざまな文書が世の中に出ている。誰が、どういう経路

で、誰に提供したか、臆測はあると思うが、私が明確な答えをすべきではないと思う

と、述べるにとどめた。

一方、前川氏と同様に参考人として出席した、特区ワーキンググループ委員で経済

産業省出身の原英史氏は、加計ありきというのは、まったくの虚構だと、前川氏の

主張に反論した。