学ぶと言うこと

学ぶと言うことは, 本質的には, 自分の無知に気づくことを言います.

正確に言えば, 自分の無知に気づくことが学びのスタートです.

今までこんなことを知らなかった, あんなことを知らなかった.

では, なぜこうなのだろう? なぜああなのだろう?

そこから好奇心を持てるかどうかが,

その人が知識を得られるかどうか,

または新しい発見にたどり着けるかどうかの,

分かれ目だと思います.

自然科学も, そうやって発展してきたのではないでしょうか.

広告を非表示にする